人間このように終焉を迎えたいものだ~中国古典より

 三十而立、四十而不惑~三十にして立ち、四十にして惑わず。

 知らない人はいないであろうと思うほど有名な「論語」の中にある言葉である。
 「論語」は孔子や孔子の門弟の言行を記したもので、儒家の聖典とされている。
 全文は
 「吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(したが)う。七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず。」

15歳で学問で身を立てようと決心、30歳でその基礎ができ、40歳で自分の進む方向に確信がもてるようになった。
 さらに50歳で天命を自覚し、60歳のときにはどんな意見にも素直に耳を傾けられるようになり、70歳になると、欲望のままにふるまっても人間の規範を逸脱しないような自在の境地に達することができた。
と言うのである。

 これは孔子自らの生涯を要約した言葉だといわれている。

 我々凡人は、とてもではないが達成はできそうにないが、努力目標としては意義があるのではと思う。
 ギクシャクした世の中、自分を振り返るのも良いのかもしれない。
  (参考~中国文学者 守屋 洋氏書より)

"人間このように終焉を迎えたいものだ~中国古典より" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント