「本能寺の変」10日後の光秀書状発見

 本能寺で織田信長を討ち果たした明智光秀が、10日後に反信長派の豪族に宛てた書状が発見されたという。  詳細は引用文の通りだが、信長誅殺にはいろんな説があるので、専門家はこの書状から真実をどう読み解くのかは興味がある。 【産経ニュース】9/12 光秀の狙いは室町幕府再興か 「本能寺の変」10日後の書状原本発見 明智…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤清正の最後とは?

 加藤清正が築城した熊本城、この度の地震で大きな被害を受けた。  この城、熊本市民にとっては自慢の城だけに早い復元を期待しされているのだが・・・・  その清正の最後はこの熊本城内であったという。  慶長十六年(1611)三月二十七日、二条城での家康・秀頼の会見後、熊本に帰国の途中、俄に船の中で病み、六月二十四日熊本にて没したと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

戦国武将の中でも哀れさを誘う武田勝頼

 戦国武将・武田勝頼を語る時、両極端に分かれる。  一つ、勝頼は武田氏を滅ぼした無能な武将である。  一つ、勝頼は有能だったが、偉大な父・信玄の残した負債に押し潰された不運な武将である。 と言ったような批評の分かれ方が多い。  果たしてどちらだったのであろうか?  今となれば証明のしようもないが、無責任な話をすれば両方とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上杉謙信は信玄に塩を送ったのかナァ

 前回は武田信玄のことをUPしたので今回は謙信のことについて思いを綴りたい。  それは良く言われているように諺で「敵に塩を送る」という言葉だ。  これは、争っている相手が苦しんでいるときに、争いの本質ではない分野については援助を与えることの例えだ。  戦国時代、遠江の今川と相模の北条の両氏から武田信玄が、経済封鎖をされ塩不足で困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田信玄は本当に上洛しようとしたのかナァ

 今日は武田信玄のことについて記したい。  とは言っても大したことではないのだが・・・元亀3年(1572)10月3日甲斐の武田信玄が西に向けて出立した。  兵約27000人というから大掛かりな西上だろう。  この西上を、信玄が上洛のためだったと言われていることに疑義があるのだ。  本当に上洛のためだったのであろうか?  とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田利家の死の直前

1/20に秀吉の死の間際をUPしたのだが、その秀吉の盟友と言われたのが前田利家だ。  秀吉から五大老に推された利家だが、秀吉の死後にも豊臣家の嫡男「秀頼」のことを気に留めていたという。  秀吉は慶長3年(1598)8月18日に亡くなるのだが、利家はそれから僅か半年後の慶長4年3月3日に大坂で亡くなっている。  病名は不明だと伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の逸話

 前回UPした明智光秀と同じく、歴史ファンにもあまり好印象を与えていないのが「石田三成」だろう。  しかし、小生はちょいと違うと思うのだ。  子供の時秀吉に仕官し、その後秀吉に取り立てられて一国一城の主に駆けあがった三成。  他の武将と違って、秀吉に相当な恩義を感じていたのではと思っている。  それが秀吉死後の「関ケ原の戦い」だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明智光秀の連歌の話

 先日、知人等と一杯飲みながら俳句の話をしていた。  俳句につてはそれほど興味はないのだが、次第に話が逸れ始めて、光秀が本能寺の変を起こす前に「連歌」を通じてそれらしきことを口にしていたという方向に行ってしまった。  みんな歴史が好きな連中なので自ずからその方向にいったのであろうが、それにしても皆博学なのには驚いたのだ。  そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊臣秀吉の死の直前は秀頼の心配だけだった

 小生が子供の頃の戦国時代の英雄と言えば羽柴秀吉であった。  なぜ豊臣秀吉ではないのか?と問われれば、「天下人になるまでの秀吉が好きだから」と答えることにしている。  天下を取るまでの秀吉は信頼する主君信長を一途に頼り、誠心誠意忠誠をつくし、自分の持てる能力を発揮しているところに興味があったからだ。  豊臣性を名乗った秀吉はどうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信玄VS謙信の違い 戦は結果なのか経緯なのか?

 久しぶりのUPです。  休んでいる間に次の題材は何にしようかと考えることが多かったのだが、最後には謙信か信玄にたどり着いてしまう。  小生にとっての戦国時代を象徴する武将は、武田信玄と上杉謙信に絞られてしまう。  それほど武名高い二人なのであるが、性格や戦法は両極端の二人でもある。    二人に関しては次のような話が伝わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国時代に合戦で使用された小道具

 戦国時代、合戦に使用された必要な小道具は種々雑多であった。  特に大将の小道具は「大将の六具」と言われる位大事なものとされたらしい。  身に着ける「鎧」、「太刀」、「采配」、「軍配」、「鞭」、「扇」を指している。    「合図の六具」とは、「鉄砲」、「のろし」、「旗」、「法螺貝」、「鐘」、「太鼓」だと言われている。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信玄・謙信の軍旗「風林火山」と「毘」

 武田信玄の軍旗。  あまりにも有名な旗である。  これはご存知「孫子」の書から『疾如風徐如林侵 掠如火不動如山』という一句をとり、紺地に金で染めた旗印だ。  他にも、戦勝祈願を行った神社の名前「諏方南宮上下大明神」などと記したものがある。 ○ 其疾如風~(その疾きこと風の如く) ○ 其徐如林~(その徐なること林の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国時代の軍旗・指物・馬印など

 映画やTVドラマでの戦国時代の戦場。  ちょいと想像すれば賑やかに感じるほどの場面が浮かぶことであろう。  旗印があれば馬印もあり旗指物まである。  実際に戦せず対峙しているだけであれば何かの祭りの如くの場面ではなかろうか?  つまり殺伐とした戦場を華やかにしているのは「軍旗」「指物」「馬印」があるからだと云っても良いくらいだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国時代の剣豪~上泉信綱

 来春、剣術「新陰流」の創始者で戦国時代の兵法家、上泉信綱を主人公とした特別ドラマ「剣聖上泉伊勢守信綱物語(仮称)」が放映されるという。  BS放送で、信綱役は村上弘明だというが、さてどんな仕上がりになるのだろうか?  上泉信綱は剣豪というより「剣聖」と言った方が相応しい人物であり、TVドラマも「剣聖」と付けられている。  上…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

戦国時代の豪傑・剣豪~塙団右衛門

 出自については正確には分かっていないと言われており不詳である。  尾張国の人で、同姓であるため、織田氏の家臣・塙直政の一族か縁者とする説もあるが、遠州横須賀衆で浪人となった須田次郎左衛門という人物が本人であるという説や、上総国養老の里の出身で千葉氏の家来だったが、小田原北条氏家臣で「地黄八幡」の旗印で知られる北条綱成に仕えたという説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国時代の豪傑、剣豪と云えば?

 戦国時代と言えば一国一城の主となるべく腕自慢、力自慢の豪の者が割拠した時代でもある。  小生の頭の中にある豪傑で思い出すのは、後藤又兵衛、塙団右衛門、可児歳三、上泉信綱、柳生宗厳・宗矩親子、塚原卜伝等々いる。  剣術の技を磨いて諸国放浪していた宮本武蔵や佐々木小次郎などもいる。  その他にもいると思うが割愛させて頂くとして、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田信長が黒人を家臣にした話

 信長の逸話の中でも有名なのが黒人を家臣にした話のことだ。  天正9年(1581)にイエズス会の大物ヴァリニャーノが日本巡察にやってきた。  彼は織田信長に謁見しようとして京にやってきたのだが、そのとき彼が連れていたのが黒人の奴隷であった。  信長は京の本能寺に宿泊していたのだが、京の町は大騒ぎとなったという。  当時の日本はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣教師ルイス・フロイスから見た信長像

 日本人にとっての戦国武将・織田信長像は「傲岸で自分以外の者は信用しない」と云われるほど尊大だったとの印象が強いと思っている方が多いと思う。  そして、事実そのような武将だったらしい。  それでは外国人から見た信長像はどうだろうか?  今回はポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが見た信長について述べたい。  これらの話は有名なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国時代の「城」は武将の象徴と政務の中心

 織田信長のことについて何度かUPしたのだが、今回は先月発生した熊本地震のおかげでひどい損害を受けた「熊本城」に関連して「城」についてUPしたい。  その前に「この熊本城」のことなのだが、別名「銀杏城」という愛称があり市民から親しまれていたという。  銀杏城」という名の由来になっているのは、城内に植えられた銀杏の木である。  これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

織田信長の戦への取り組み方

 織田信長といえば一生のうち100回近い戦をやっていることは述べたのだが、この信長、戦のことについては普段からいろいろ考えていたという。  武将の子供だけあって当時の遊びは、ほとんどが「戦」と関係のある遊びだったという。  棒ふりから始まって水遊び、木登り、駆けっこから石投げ等々・・・・「戦」と絡ませたといわれている。  槍の長短…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more