矢作川での藤吉郎(秀吉)と蜂須賀小六の出会いは虚構?

 若いころの藤吉郎(後の豊臣秀吉)が生まれ故郷の尾張国愛智郡中村を飛び出して諸国を転々としていたことはよく知られている。
 小生は出世したいとの思いより生きていくために色んな職を経験しながら諸国をうろついていたのでは?と思っている。

 後の絵本太閤記では面白おかしく記しているが誇大な物語に仕上げている。
 そのころの秀吉が藤吉郎を名乗っていたかは定かではないが藤吉郎で記していきたい。

 この藤吉郎、三河を放浪していた時矢作川の橋の上で蜂須賀小六と運命的出会いをしたという逸話は映画やドラマの時代劇、歴史小説によく登場する場面である。

 通説によると、職もなくて三河を放浪していた藤吉郎が矢作川に架かっている橋の上で野宿していたという。
 すると、野伏(のぶせ)り(野武士のこと)の頭領だった蜂須賀小六(小六は藤吉郎の10歳くらい上)とその手下が通りかかり、藤吉郎の頭を蹴飛ばしたのだという。
 怒った藤吉郎が威勢の良い啖呵を切ったというのだが、その啖呵を小六が気に入り部下として仲間に引き入れたという。

 ご存じのようにこの蜂須賀小六は後の藤吉郎の片腕となって戦功を重ね、阿波(現徳島県)一国を与えられている。

 この話のうち、蜂須賀正勝(小六)が藤吉郎との出会いによって立身出世を果たしたという部分は事実である。

 でもネェ、肝心の出会いの場面は、作り話なのである。だって、当時の矢作川には藤吉郎が寝ていたとされる橋は架かっていなかったのだから・・・
 愛知県矢作町に残されている記録には、当時の矢作川は舟で渡るしかなかったと記されており、渡し場の記録はあるものの、橋については触れられた部分はないからだ。

 残念ながら矢作川のこのあたりに橋ができたのは江戸時代になってからのことだ。

 肝心の橋が無かったとなると、この橋上での出会いの場面、実現しなかったということになる。
 つまり話を面白くするための創作だということだ。

 ちなみに、この矢作川の出会いの場面初めて出てくるのが江戸中期に書かれた「絵本太閤記」の中なのだ。
 それがこの俗説の出どころなのだが読む者としては面白がったことは間違いないだろうナァ・・・
 面白く読まれたおかげで実話のように知れ渡ったというべきででしょうネェ。