光秀が信長に仕えることとなった切っ掛け 絵本太閤記では・・・

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は、「コロナ」の関係で6月からしばらくの間中断するという。

 今回も絵本太閤記からの明智光秀に関する話をしたいと思うのだが・・・越前での場面はどのようになっているのだろうか?

 光秀が信長に仕官するきっかけとなったのは永禄5年(1562)の秋のことだという。
 この時加賀一揆がおきている。首謀者は加賀一向宗門の者たちが立ち上がり越前に攻めこんできたときに、朝倉景行が数千の兵を率いてこれを防いだ。
 ちょうどその時、明智光秀は越前の長崎というところに住んでいて、一揆勢との戦闘を見てみようとして、御幸塚の戦場にやってきたというのだ。

 戦いは夕暮れになって終わり、敵味方とも篝火(かがりび)を焚いて退陣していた。光秀はその時、御幸塚の遥か東方を望むと、一筋の赤気が空にたなびいて朝倉の陣営まで至っていることを発見した。これは一揆勢が今夜、夜討ちをかける徴であると見た光秀は、格別にじっ懇でもなかった景行ではあったがその見解を告げて警告したとある。

 朝倉方は、そのような可能性もあろうかと考え、用心堅固にして敵を待っていた。やはり一揆勢は、光秀の予言通り夜討ちをかけて来たがかねて用心していた朝倉方は、迎え撃って散々に敵を打ち破り、完全な勝利を収めたとなっている。

 そこで光秀は景行の信頼を得、其の推薦で義景につかえることができたという風に描かれている。

 諸国遍歴の時は、毛利元就にも見透かされたような殺気の相が災いして仕官できなかったが、越前では漸くその才能が認められたのである。

 しかし光秀は、義景の人物を見て、すぐに自分の生涯を託すに足らずと見透かしたようであると描いてある。

 光秀が義昭を説いて信長を頼らせたというのだが、光秀自身も義景の人物を見て信長に仕えたいと思い秀吉に斡旋したというのが絵本太閤記。
 マァ、絵本太閤記だから。ここはどうしても秀吉が柱になる。

 秀吉は光秀を見て、度量優れた逸材ではあるが、殺気が顔に現れて反逆の相ありと睨んだ。これは危険人物で何をやらかすかも知れないと恐れ、推挙をためらっていたという。

 しかし、義昭公のの動座を勧めた人物であれば無下にも扱えず、しかもこれをきっかけに信長も光秀に会いたいと望んでいた。
 信長が対面してみると、骨柄ただ者ならず、立ち居振る舞いも見事で気に入られ、今度上洛して三好一党討伐の先手に加えるべしと上機嫌だったというのだ。

 マァ、絵本太閤記には描かれていないが、信長は危険人物というよりその活用方法の考えを優先して仕えるのを許したと思いたい。

 もう一つ、この絵本太閤記では、光秀を語るのに若き光秀の逸話を載せている。
 ある年のある時、道端で大黒天の像を拾った。これは福の神であると信じて、家に飾って礼拝をしていたが、ある者の言うには、この像を信心すれば千人の長となるとのことであった。
 すると光秀は、顔色を変えて早々に大黒天を捨てさせた。この像の功徳は、たかだか千人の頭となるだけのことか。大望を抱くものが崇めるものではあるまい。ということがあったと描いている。

 こんなエピソードも後付けならなのだろう。

 
 

 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント