戦国時代、婚姻・養子縁組で手繰ればみな縁戚?

 戦国時代の大名達は、勢力を拡大したり、領土を維持するために、子ども達を利用した。
 男子は養子に出し、女子は他家への当主に縁付かせたのだ。
 戦国時代の大名間の同盟は、其の時の政治情勢によって成立し、このような縁戚関係を結ぶことでお互いが強化されていったのである。
 
 しかし、、上手い具合に経過していれば良いのだが、中々そうはいかないのが、これまた戦国の世であった。
 つまり、戦略の変化によって、簡単に破棄されることになったのである。

 例を挙げればきりはないが、戦国時代の関東・甲信越の場合、武田・北条・上杉の三氏が鎬(しのぎ)を削っていたのだが、この三氏は親類関係であったのだ。
 武田信玄には子供が沢山いた。
 それにも関わらず、信玄は北条氏康の七男を養子としたのである。
 そして、念押しのようにやったことは娘の一人を、氏康の子・氏政の妻とし、嫡男・氏直を生ませることになる。
 この信玄と氏康の提携は、東海に勢力を張る今川義元を加え、「三国同盟」になったのだ。
 信玄の嫡男義信は、義元の娘を妻としている。
 そして、義元の嫡男・氏真は氏政の娘を妻としている。
 このように三者の戦略が一致した結果だったのだが、今川氏の凋落によって破綻することになる。

 次に、上杉謙信には、実子がいなかったのだが、複数の養子をとっていた。
 このため、謙信が死んだ後、ともに養子の景勝と景虎が相戦うことになる。
 勝利者となった景勝は、かつての政的長尾政景と姉の間の子どもなのだ。
 そして敗者の景虎は、北条氏政の弟だったのである。

 信玄の後継者・勝頼は、夫人が北条氏で、この争いに介入して景虎を応援している。
 しかし、後に景勝側についた。
 勝頼と景勝は提携し、勝頼の妹(つまり信玄の娘ということ)が景勝の妻となっている。
 このように非常に複雑に組み合った縁戚関係なのだが、一旦どこかが綻(ほころ)びると脆くも崩れ去ったのだ。

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 戦国時代、婚姻・養子縁組で手繰ればみな縁戚? 万屋満載/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-09 08:15
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 戦国時代、婚姻・養子縁組で手繰ればみな縁戚? 万屋満載/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 19:08