アクセスカウンタ

<<  2015年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
信長は信仰心何てなかったのか?
 信長を語るとき、必ず出てくるのが比叡山での焼き討ちによる僧侶の殺戮、高野山や奈良での寺院の破壊の事であろう。  信長は特に一向宗への憎悪が計り知れない所があるように見受けられる。  それと、二条城の建設時、京の石仏などを片っ端から引き倒して石材に使っている。  これらの事を考えると、当時の人々もそうだが、後の専門家を含めて「信長は神仏も恐れない異人」だと恐れられた節がある。  しかし、信長は全ての宗教を否定していたわけではないようなのだ。  仏教そのものを排除したり攻撃はしていない。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/28 12:02
信長&義元「桶狭間の戦い」・その三
 義元が休息しているという情報を得た信長は、小踊りせんばかりに喜んだことは想像できる。  だって、義元は2万5千人、自分達はたったの3千人た。  まともに向かって戦っても勝てる道理は全く無いわけだから、この機を千載一遇ととらえたことであろう。  だから信長は、情報を得ると、時をおかず直ちに「桶狭間」を目指した。  織田方が田楽狭間の後方にある太子ケ根に達しようとしたとき、突如稲妻が走り大雨が降り始めたという。  この雨は約30分で止んだと云われているが、降り止むと同時に信長は全兵に突撃... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/12/06 09:38

<<  2015年12月のブログ記事  >> 

トップへ

万屋満載 2015年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる