テーマ:独り言

社会人として合格点をもらうために「論語」の『九思』にならえ

 鳩山首相も小沢幹事長も、否他の政治家や一般人(自分も含めて)もすべて人間社会で生活をしていることを忘れているのではないだろうか?  余りにもギスギスし過ぎているきらいがあるのが現社会である。  中国の『論語』には、君子には、常に心がけなければならないことが、「九」つあるのだというのである。  その中で『孔子」は次のように言っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政治家には民を引きつける人徳ある人物を~中国古典から

 現在「三国志」の映画「レッドクリフパート2」が上映されている。  私も前作に続き見せてもらったが、それなりに面白い映画ではあった。  その中で出てくるのが「劉備」である。    劉備は、呉と戦って大敗を喫し、丞相(じょうしょう)の諸葛孔明(しょかつこうめい)に後事を託して白帝城で死んだ。  その時劉備は、我が子劉禅(りゅうぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金の取立てが穏やかな国は人が居つく~中国古典

 世の中、低所得者から税金を徴収し、介護を受けてもないのに介護料を徴収されている。  3年後には消費税アップもあるかもしれない。  本当に住みづらい世の中になりつつある。  そこで中国古典『礼記』(らいき)の中に次のような言葉があるので紹介したい。  礼記とは、周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもので、前漢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間このように終焉を迎えたいものだ~中国古典より

 三十而立、四十而不惑~三十にして立ち、四十にして惑わず。  知らない人はいないであろうと思うほど有名な「論語」の中にある言葉である。  「論語」は孔子や孔子の門弟の言行を記したもので、儒家の聖典とされている。  全文は  「吾、十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順(し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生楽しみながら生きていきたいものだ~中国古典から

 今朝テレビを見ていたところ、タレントの清水由貴子の介護疲れからの自殺を放送していた。  内容はいつものパターンで、お涙頂戴であるが、「良い人だったのに」とか「いつも笑顔を絶やさない人だった」と持ち上げるものである。  結婚もせず、ひたすら母親の介護で人生を歩んできた女性で本当に可哀想だ。  というものであるが内容はともかく、人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪事(汚職)は必ず発覚するもの~中国古典から

 最近千葉市長が汚職で逮捕された。  道路工事に便宜を図り、見返りに100万円受け取ったというものであるが、この種の事件は後を絶たない、  人間の宿命と云ってしまえばそれまでであるが、なげ悲しいことではある。   中国古典に次のようなものがある。 天知、地知、子知、我地~天知(てんし)る、地知(ちし)る、子知(しし)る、我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立派な人間になるための心得~中国古典から

 誰しも、自分なりに「人様に後ろ指を差されないよう努力していこう」と考えるものである。  しかし、残念ながらいつのまにかそれを忘れ、気がつくとダメ人間になっている。  そこで今一度、立派な人間とは云わないが、せめて普通の人間になりたいと思うのである。  中国「孟子の四端の説」の言葉を思い出し、それに近づくようやってみようと思う…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

組織のトップはこうあるべき~中国古典から

 民主党の小沢代表が公設秘書逮捕起訴にも係わらず、代表の座を辞任しようとしない。  自分が一番に襟を正さなければいけないのに「法律違反はしていない」と弁解し、責任をとろうとしないのはトップの人間としてはどうであろうか?  「法律違反」云々より、部下(公設秘書)が逮捕起訴されたことに責任を感ずるべきであろう。  これは企業のトップに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長寿の心得

  ~人生は山・波多い旅の道~ 還暦~60歳でお迎えの来た時は、只今留守と云え! 古希~70歳でお迎えの来た時は、まだまだ早いと云え! 喜寿~77歳でお迎えの来た時は、せなく老楽これからと云え! 傘寿~80歳でお迎えの来た時は、なんのまだまだ役に立つと云え! 米寿~88歳でお迎えの来た時は、もう少しお米を食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more