大坂夏の陣で千姫を助けたのは誰?

 慶長19年(1614)の「大坂冬の陣」から約3ケ月後の元和元年(1615)、老獪な家康が兵16万5000人を引き連れて大坂城を包囲する。
 そして、豊臣家は滅びることになるのであるが、圧倒的な軍勢を要する徳川軍の前には、豊臣軍はなすべもなく敗れ去る。

 その合戦の最中、戦いが峠を越したとみると、家康は、家臣に大坂城から千姫の救出を命ずる。
 ご存知のように千姫は、徳川秀忠の娘で、豊臣秀頼の正室として嫁いでいたのだ。
 つまり家康の孫娘である。

 この千姫救出劇で、燃え盛る大坂城に飛び込んで救出したのが坂崎出羽守直盛とされているのだ。

 顔面に火傷を負いながらも、無事に千姫を救い出した坂崎出羽守は、大きな功積を残したといわれている。

 津和野3万石の城主に過ぎなかった坂崎直盛は、この勇猛果敢な行動で一躍脚光を浴びることになるのだ。

 ところがである。
 実際は、千姫を救出したのは坂崎ではなかったようなのだ。
 坂崎の話しは様々な書物に登場してくるのだが、何れも後世の作り話と見られている。

 有力な史料に基づいて、この救出劇の経過をまとめると、事の顛末は次のようになるというのだ。
 
 まず、配色濃厚となった大坂城内では、秀頼が千姫らとともに天守で自害しようとするが、家臣に止められて城内に身を潜める。
 この後、豊臣家の重臣大野治長の手引きで、千姫は城内から脱出する。
 大野は、千姫の脱出と引き換えに、秀頼母子の命乞いを家康に求めようとしたのだとされいる。
 実際には、千姫を連れ出したのは、「堀内氏久」(ほりうちひさうじ)という人物だったとされている。

 そして、徳川方で、最初に千姫を保護したのが坂崎であり、坂崎は千姫を家康の本陣まで送り届けている。
 つまり、坂崎の果たしたのは、千姫を大坂城から連れ出すことではなく、保護して千姫を家康のもとへ送り届けることだったというのだ。

 なお、坂崎は、この千姫救出劇の2年後に改易されている。
 その理由は、はっきりとは分っていないのだという。

 当時から根強く囁かれてきた噂によると、千姫の脱出に尽力した者は、千姫との結婚を認めるといわれながら、その約束は反故になり、千姫は本多忠刻(ただとき)に嫁ぐことになったので、それを恨んだ坂崎が、輿入れの日に千姫を奪おうとして、その計画が露見したためといわれている。

 しかしながら、この話も後世の創作という見かたが有力だといわれる。
 (参考~歴の謎研究会書他)

 

 

"大坂夏の陣で千姫を助けたのは誰?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント