戦国時代の戦、勝ち負けは何処で決まる

 合戦の勝敗の判断基準はいろいろある。
 そのうち最も分りやすいのが、どちらかの軍勢が敗走することであろう。

 両軍が激突すれば、次第にどちらかが押し込むようになる。
 逆に押し込まれた側は、次第に戦意をなくし、損害が大きくならないうちに、敵に背を向けて敗走するのだ。
 
 我々が知っている有名な合戦も、多くはその型で、「姉川の合戦」「山崎の合戦」「賤ケ岳の合戦」「関ヶ原の合戦」等は、どちらかの軍勢が敗走したしたことで勝敗が決まったのである。

 また、どちらかの軍勢の大将が討ち死にするか自害をして、合戦に決着がつくことも、まれにあった。
 織田信長が今川義元を討った「桶狭間の合戦」や、毛利元就が陶晴賢を倒した「厳島の合戦」がこの型にはまる。
 
 もう一つ数少ない型として、どちらかが一方的に殲滅されて、勝敗がついた型もあった。
 九州の大友軍が島津軍に追い込まれ、耳川の激流に呑まれた「耳川の合戦」がその典型である。

 ここまでは勝敗が分りやすい型だが、合戦には、どちらかが優勢という訳でもなく、両軍が適当なところで引き上げたという合戦も少なくない。

 そのような合戦では、お互いの軍が「買ったのは我が軍である」と宣伝したのであるが、より宣伝上手の方が、兵や民の心を掴んで、最終的には勝者となることも少なくなかったらしい。
 (参考~歴史の謎研究会書他)
画像

                長篠の合戦図
 

"戦国時代の戦、勝ち負けは何処で決まる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント