織田信長が安土に居城を求めた理由

 織田信長は京の本能寺で落命するのであるが、その地は宿営地であった。
 その時点での本拠地は「安土城」であった。

 織田信長の死の周辺には、様々な謎があるとされているが、死体消失とともに、安土城の焼失も大きな謎の一つとして語り継がれている。

 信長を討った明智光秀としては、すぐに安土城に入り、天下に号令する姿勢を示す予定であった、
 それを防ごうとした勢力の仕業なのか、安土城は炎上し焼け落ちてしまったのである。

 信長時代を「安土時代」というが、信長がここに住んだのは、わずか3年でしかない。
 安土城が完成したのは天正4年(1576)だが、信長が本格的に居住するのは、天正7年(1579)以降なのである。
 そして、天正10年(1582)に本能寺の変を迎えるのである。

 安土は、琵琶湖の湖畔の町で、今は小さな町であり、信長がここに城を築いた以前も、栄えていたわけではないのである。
 信長がここに城を築こうと決めたのは、交通の便が良いことが最大の理由であったのである。

 琵琶湖を船で渡れば、京に一日で行くことができたし、信長の本拠地であった岐阜にも近い。
 また、信長は北陸の一向一揆と攝津の石山本願寺を敵にしており、この両者を分断するためにも、交通を遮断する必要があったのである。

 さらに、強敵である武田信玄、上杉謙信との戦いにも備える必要があったのであり、北陸道と中山道の咽元を抑えることのできる安土は理想的な場所だったのである。
 (参考~歴史の謎研究会書他)


画像

                安土城図


 title=

                安土城跡から琵琶湖を望む
                

                

"織田信長が安土に居城を求めた理由" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント