絵本太閤記での聖徳寺の信長・道三の対面

 我々が知っている信長の正室は、濃姫といい斎藤道三の娘であることを知っている。
 これは道三が、美濃と尾張が形の上だけでも和睦し、あわよくば尾張を奪ってやろうと仕掛けた婚姻であることも知っている。

 信長の父である信秀とは幾度も道三は争っているのだが、その家督を継いだ信長がどの程度の器量があるのか知りたくて堪らなかったのであろう。信秀の死後、ついに信長と対面することを決意する。
 信長の器量については「うつけ」との情報は入ってくるもののどうしても自分の目で確かめたかったのだ。

 マァ、舅としては当然だろう。我が娘の亭主が本当のうつけ者であれば尾張を奪ってやろうと思うのも当然だろうネェ・・・
 信長がひ弱でバカ亭主だったらと思うと気が気ではなかったはずだ。

 そして、ついに対面の日、天文18年(1549)5月26日がやってくる。
 
 美濃と尾張の境目に位置する富田の聖徳寺が対面場所となる。NHK「麒麟が来る」ではどのような展開に仕上げていくのだろうか?

 絵本太閤記では次のようになる。
 当日、斎藤道三は7、800人の家臣に揃いの折り目高の肩衣を着せ、袴を穿かせて古風に威儀を正して、聖徳寺本堂の縁側に整然と並ばせ美濃勢の威容を見せつけようとした。

 その前を信長一行が通過する算段である。

 そうした準備をさせておいて道三は町外れの民家に身を隠し、信長の正体を見てやろうとした。

 マァ、ここからは知られている描写が展開されていくわけだ。

 以下、行列の先頭は信長で、髪は茶筅に結び、萌黄(もえぎ)の平打(ひらうち・平たい紐のこと)でそれを巻き立て、湯帷子の袖を外した着方である。熨斗つきの太刀と脇差は二つ共縄で巻き、太いお縄を腕抜きとしていた。腰の周りには猿使いのように火打ち袋と瓢箪を7、8つつけ、虎と豹の皮を四種に染め分けて合わせた半袴を穿いていた。友の兵士たち七、八百はまず足軽をさきに走らせ、五〇〇本の三間半の長柄の朱槍、その後に弓・鉄砲隊が続いて、鉄砲は五〇〇挺もあった。これは正に進軍の出で立ちである。

 次いで、この場面『信長公記』ではどうなっているかというと、以下になる。

 【四月下旬の事に候。斎藤山城道三、富田の寺内正徳寺まで罷り出づべく候間、織田上総介殿も是れまで御出で候はゞ、祝着たるべく候。対面ありきの趣、申し越し候。此の子細は、此の比、上総介を偏執候て、聟殿は大だわけにて候と、申し越し候。道三前にて口々に申し候ひき。左様に人々申し候時は、たわけにてはなく候よと、山城連々申し候ひき。見参候はん為と聞こへ候。上総介公、御用捨なく御請けなされ、木曽川・飛騨川、大河の舟渡し打ち越え、御出で候。(中略) 

 七、八百、折目高なる肩衣、袴、衣装、公道なる仕立てにて、正徳寺御堂のの縁に並び居させ、其のまーを上総介御通り候様に構えて、先ず、山城道三は町末の小家に忍び居りて、信長公の御出の様態見申し候。其の時、信長の御仕立、髪はちゃせんに遊ばし、もゑぎの平打にて、ちゃせんの髪を巻き立て、ゆかたびらの袖をはづし、のし付きの太刀、わきざし、二つながら、長つかに、みごなわにてまかせ、ふとき苧なわ、うでぬきにさせられ、御腰のまわれには、猿つかひの様に、火燧袋、ひょうたん七ツ、八ツ付けさせられ、虎革、豹革四ツがわりの半袴をめし、御伴衆七、八百、甍を並べ、健者先に走らし、三間々中柄の朱槍五百本ばかり、弓、鉄砲五百挺もたされ、寄宿の寺へ御着きにて・・・(以下略)】となる。

 となるのだが、大分堅苦しくなってしまったので絵本太閤記に戻りたい。

 聖徳寺に到着した信長は、部屋に入って屏風を引き回して髪を結い直し、長袴に衣装を改め小刀を帯びた姿で道三の前に出てきたとある。
 その姿を見た道三の家来たちは、さっきまでのたわけ振りは相手を欺くためだったのかと肝をつぶした。

 信長は、そのまま座敷に直って一通りの挨拶をすませ酒肴も出た。そうして信長は苦虫を噛みつぶしたような表情で「またお会いいたそう」と言って席を立った。

 20町ほど道三は見送ったが、信長勢の槍は長く我が勢の槍が短いのが何ともいえず不愉快だったとある。

 この時、道三の家来で猪子兵助が「どう見ましても、上総介はたわけものですなぁ」と言ったところ、道三は、「ただ残念なことには、あのたわけものの門外に自分の息子たちが馬を繋ぐことになろうことは、今から目に見えている」と・・・

 門外に馬を繋ぐということは、家来になるという意味なのだが、やがてこの予言は的中することになるわけだ。
 この後、道三は血のつながりのない嫡男・義龍に討たれ、義龍の息子龍興も舅の仇を討つとする信長に討たれることになる。
 こうして美濃は、やがて信長に占領されてしまうわけだ。

 

 

 




 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント