信玄・謙信の軍旗「風林火山」と「毘」

画像

 武田信玄の軍旗。
 あまりにも有名な旗である。
 これはご存知「孫子」の書から『疾如風徐如林侵 掠如火不動如山』という一句をとり、紺地に金で染めた旗印だ。
 他にも、戦勝祈願を行った神社の名前「諏方南宮上下大明神」などと記したものがある。

○ 其疾如風~(その疾きこと風の如く)
○ 其徐如林~(その徐なること林の如く)
○ 侵掠如火~(侵掠すること火の如く)
○ 不動如山~(動かざること山の如く)
○ 難知如陰~(知りがたきこと陰の如く)
○ 動如雷震~(動くこと雷の震うが如し)








画像
 上杉謙信の軍旗
 「毘」の一字を記した軍旗でこれまた信玄と同様有名である。
 謙信が深く信仰していた“毘沙門天”の一字を引用したもので、「毘」の旗の守護を仰ぎながら、戦場に臨んだのだ。
 このほかにも、謙信は「龍」一字を記した軍旗もつくっている。
 これは「かかり乱れ龍」の旗と呼ばれるもので、総攻撃の際にはこれを押し立てて突撃命令の合図としたという。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック