織田信長の戦への取り組み方

 織田信長といえば一生のうち100回近い戦をやっていることは述べたのだが、この信長、戦のことについては普段からいろいろ考えていたという。  武将の子供だけあって当時の遊びは、ほとんどが「戦」と関係のある遊びだったという。  棒ふりから始まって水遊び、木登り、駆けっこから石投げ等々・・・・「戦」と絡ませたといわれている。  槍の長短…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

信長の小姓「森蘭丸」の逸話

 前回に続き森蘭丸の逸話としたい。  皆さんには申し訳ないないのだが、小生は、逸話というものは事実もあるのだろうが、後年の人々がこうではなかったのか?との願望と期待が入り混じった創作ものが多いと思っている。  信じる人もいるだろうが信じない人もいるのでは・・・と思うのだ。  だから、逸話というものは話として知っておく程度で良いと小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more