義士の頭領大石内蔵助のこと

 年末になれば語られる「忠臣蔵」なのだが、日本人にとっては「義士」として語り継がれる存在で、その人気は今だに衰えることをしらない。
 忠臣赤穂47義士として祀られているのだが、その頭領として崇められているのがご存じ大石内蔵助である。
 今回は、12月ということもあって、この「大石内蔵助」について述べたい。
 このブログを見ていただいている皆さんも、良くご存じの人物だと思いますが、小生の戯言として受け止めていただきたい。

 大石内蔵助は大事を為すに相応しい指導者だったと褒め称えられている。
 巷間良く言われるのが「普段は昼行燈」のようなのだが、非常事態ともなれば誰もが目を見張る活躍をする人物だったというのだ。
 マア、実際に会ったわけではないので真偽のほどは定かではないのだが・・・・

そこで「仇討を成功させた名指導者」と讃えられている大石内蔵助の、「名」といわれている部分について述べたい。
 
 江戸城松の廊下で吉良に対して刃傷をはたらき、浅野内匠頭が切腹となって赤穂城を受け渡すのが決まったとき、内蔵助が先ず行ったことはといえば、「藩札の換銀」だった。
 赤穂藩が取り潰しとなれば、その潘が発行した「藩札」は紙切れ同然となるからであった。
 実際に、事件の噂が伝わってくるとともに、札座に両替を求める商人たちが殺到したという。
 そこを見通した内蔵助が、誠意をもって対応したので大きな混乱に発展することもなく換銀は無事終了したというのである。

 赤穂城を退去した内蔵助は、京の祇園や島原で遊興に耽ったという。
 内蔵助は、根っからの遊び好きだったとの話もあるのだが、おそらく吉良家の監視の目を眩ませる意図があったことは否めないのだ。
 現実には、内蔵助を偵察に来ていた間者は、内蔵助の遊び呆ける様子を見て、最早仇討なんぞは考えていないと判断している。
 この点、内蔵助の作戦は物の見事に的中したことになる。

 この間、内蔵助は逸(はや)る急進派を抑えながら、多くの同志をふるいにかけている。
 大石は主君の仇を討つという大事な目的に向かって、慎重にも慎重を重ねて、「この同志ならば共に・・・」とい者を吟味していたのだろう。
 結局最後まで残った同志は、自分を含めて47人となった。
 吉良邸への討ち入りが行われたのは、元禄15年(1702)の旧暦12月14日の深夜なのだ。
 
 この戦いは約2時間に渡って激闘があり、探索をした結果吉良上野介を発見、見事本懐を遂げている。
 記録によると浪士側には死者はおらず、負傷者が2名いただけだと伝わっている。
 吉良家側は16名が討ち死にしており、負傷者は21人だったという。
 このような展開に至ったのは、内蔵助の用意周到な計算があった上であると、後世の者たちは讃えるのである。

 
画像

 
                    大石内蔵助像
 

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック