江戸時代の海運業は隆盛を極めた

 江戸時代は鎖国政策で景気が悪かったと思いがちなのだが、実はそうでもなかったのだ。
 内需輸送が活発に行われ海運業は大繁盛だったというのだ。

 それは沿岸航路なのだ。
 海運は京都や大坂を中心にして起っている。
 世の中は、新たに江戸中心の経済系統が生まれており、江戸~大坂間は菱垣廻船や樽廻船と呼ばれる定期船がひっきりなしに往来していたという。

 江戸・大阪間の貨物輸送にあたった菱垣廻船は、船の側面に網代に組んだ檜の薄板が貼り付けてあったのでこの名がある。 
 樽廻船はというと、上方から江戸へ酒樽を運んだのが名前の由来だというのだ。

 菱垣廻船や樽廻船は数隻が同時に出港し、一番先に江戸に着いた船には商品の他に多くの特権が与えられていたから、その先陣争いたるや相当なものだったであろう。

 最盛期の大坂港には日に2000隻の出船入船で賑わっていたという。

 
画像

      大阪市・「なにわの海の時空館」に復元された菱垣廻船

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック