武士の名字の決め方

 「氏」の名が古代の戸籍ににも載っていたように公式な血族集団の名であったのに対して、名字というものは、平安時代後期以降、武士が自分の一代だけに使用した私的な呼び名であったのだ。
 ところがである。この名字が親から子へ、子から孫へと受け継がれるようになり「氏」の役割を果たすことになっていくのだ。

 名字の多くは、その武士たちの所縁(ゆかり)の地名がそのまま使われているのだ。
 江戸城を築いた太田道灌の場合で云えば、源三位頼政の流れをくむ五代前の資国が住んでいた丹波(京都府)桑田郡太田郷にちなんで太田を名乗ったのがはじめだと云われている。

 資国は後に、相模(神奈川県)に移ったが、名字は変えず、道灌以後の子孫に伝えられている。
 武士によっては、自分は何処の出処の者かをハッキリと示すために「○〇郷の何某」と名乗っていたほうが都合が良かったのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー レンズ

    Excerpt: 武士の名字の決め方 万屋満載/ウェブリブログ Weblog: オークリー レンズ racked: 2013-07-06 07:29