世情に翻弄された家光の母「お江」

 戦国時代は、女性にとっては自分の感情は全て無視されたといっても過言ではない。
 ここでは「お江」を取り上げるが、徳川3代将軍家光の生母として名が残っている。
 「お江」は、浅井長政と信長の妹・市との間に生を受けている。
 
 天正元年(1573)に生まれたとなっているが、正確ではないらしい。
 天正元年といえば、浅井長政は織田信長に攻められ自刃して果てているので、「お江」は父の思い出は全くないということだ。
 12歳のときには母・市の再婚相手柴田勝家が、豊臣秀吉によって滅ぼされている。
 市が再婚して1年後の事であった。

 この時母・市も自刃したので母も失ったのである。

 「お江」には有名な姉2人がいたから、肉親はこの2人だけということだ。
 美人3姉妹として有名なのだが、この3姉妹は勝家を滅ぼした秀吉に引き取られることになる。
 4歳上の姉は、豊臣秀吉の側室となる淀殿で、2歳年上の姉は京極高次に嫁いでいる。

 お江は12歳の時、佐治一成に嫁がされるが、秀吉によって離縁させられ、次に秀吉の甥・豊臣秀勝に嫁がされている。
 3度目が徳川秀忠に嫁ぐことになるのだが、これも徳川家康との結びつきに重きを感じた秀吉が、秀勝との間を裂き離縁させ、一緒にしたのである。

 お江は秀勝との間に女子(完子ともいわれている)がいたが早世している。
 秀忠との間に男子(後の家光)と女子(千姫)合わせて8人が生まれている。
 長男は早くに亡くなり、家光は二男と云うことだ。
 千姫は秀頼に嫁ぐことになる。

 このように自分の感情や気持ちは無視され、時の権力者秀吉によって都合よく使われているのだ。
 お江は、当時としては小柄で、華奢な体つきの美女だったという。
 ゆえに、政略結婚によって翻弄されたと言ってもよいのだが、お江自身は強かったかもしれない。
 何故なら、夫秀忠は恐妻家と知られているから、相当な気丈な女性だったことが想像できるからだ。

                       お江像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 世情に翻弄された家光の母「お江」 万屋満載/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 12:33