戦国時代、戦場での「合言葉」

 合戦に勝つ為には、味方同士の連絡を図る必要があった。
 その連絡方法の一つに「合言葉」があったのである。

 「合言葉」は、まず敵味方の識別に使われた。
 小さな部隊同士の合戦ならともかく、大きな合戦となると、敵と味方の識別をしないと、同士討ちをする恐れがあったのである。

 そこで、鎧の袖に袖印を付けさせるなどもあったが、乱戦になると袖印が外れることもしばしばだった。
 そういう意味もあって、合言葉が必要となってきたのである。

 とりわけ、夜襲を企てる時は、合言葉が不可欠であったのだ。

 たとえば、近江の浅井家では、「谷」と尋ねた時、味方なら「山」と答えるようにしていたのである。

 大坂夏の陣では、徳川方は「旗」を合言葉にし、豊臣方は「山」を合言葉にしている。

 この合言葉を答え損ねると、味方の兵士であっても敵とみなされ、討たれてしまうのである。

 実際、そんな同士討ちも多かったようである。

 逆に敵の合言葉を知れば、敵になりすますことができた。

 大坂夏の陣で大坂城が落ちたとき、徳川方の合言葉である「旗」を口にして、逃げ延びた豊臣方の落ち武者もいたと伝えられている。
 (参考~歴史の謎研究会書他)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック