戦国時代の馬

 戦国時代の映画・テレビに出てくる馬は、サラブレッドかアラブ種であることは皆さん承知のとおりである。
 この馬は、明治時代以降に輸入されたもので、勿論外国産である。

 戦国時代は、このような馬はいなかったのであるが、ではどのような馬であったのか?
 これらの馬は、サラブレッドと比較するとズッーと小さかったのである。
 サラブレッドの平均体高が160センチ程度なのに対し、戦国時代の日本馬は平均130センチ程であった。
 体重も軽かったため、武士が負傷した馬を担いで帰ったというエピソードも伝えられている。
 そのうえ、頭でっかちで、胴長短足の馬であった。

 ただ、小柄な馬であったから、性格も体格に見合っておとなしかったと思いがちであるが、どっこいそうではなかったらしい。
 気性は荒く、人に噛み付くこともしばしばあったらしい。

 当時、日本にやってきていた宣教師フロイスは、「西洋馬は、走っていてもピタッと止まるが、日本馬はひどく暴れる」と日本の馬が集団戦闘に向いていなかったと指摘している。

 明治初期、日本にやって来た西洋人は、日本の馬の気性の荒さを目の当たりにして、「馬に良く似た獣」と評しているくらい、暴れ馬だったらしい。

 ということで、戦国時代の馬も、それに近い相当気性の激しい馬であったのであろう。
 (参考~歴史の謎研究会他)
 
武田家の本拠は、甲府の躑躅(つつじ)ケ崎館である。
この躑躅ケ崎館で、戦国時代の馬の骨格一体分が発掘された。
埋葬された場所、そして丁寧な埋葬から、
それは当時の有力武将が乗った軍馬に違いないと考えられている。
この武田軍の軍馬を現在の競争馬と比べると、とても小さい。
これが武田軍の軍馬の実態だったのである。
画像


発掘された馬骨の復元。
馬の背の高さは、肩の骨までを計る。武田軍馬の背高は百二十センチメートルしかない。鹿ほどの大きさだ。しかし、骨太で、筋肉が発達していたことが分かった。(資料提供甲府市教育委員会)

サラブレッドは、武田軍の軍馬より50cm以上も背が高い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック