蘇我氏、平氏、豊臣氏の跡目相続人はいるのか

 歴史上に出てくる有名な「曽我氏」「平氏」「豊臣氏」等の姓を継いでいる者は居るのであろうか?
 疑問に思っている方も多いものと考えられる。
 今回は、姓氏・家紋研究家の丹羽基二氏の書から紹介しよう。

 「跡目を継ぐ」という言葉を「跡目を相続する」という言葉に取ると、いわゆる「家を継ぐ」という事になる。
 この場合の「家」とは苗字で表される「屋号」になる。
 ところが、「物部」「蘇我」「平」などは「家」というより「氏」なのである。
 「豊臣」だけは近世におこった「屋号」に近いものであるが、あとはみな古代の姓氏なのである。

 「氏」というのは多く古代豪族の血族的な集団名なのである。
 名字は、中世豪族の屋号で、多くは、占有したその土地名をつけている。
 苗字とは、近世の屋号で、土地の占有に結びつかず、祖先を同じくするほどの意味に転化した。

 だから、現在「物部さん」「蘇我さん」という「苗字」の人はいるが、それは氏(うじ)でも名字でもないのである。
 (ただし名字と苗字を同じものとみる向きはいまもあるが)
 ということで、「氏」はみな滅亡しているので、氏人はそれぞれ四散してしまった。
 それらの氏人の中から祖先を探すことはなかなか困難である。
 なにしろ千数百年も経っているからである。

 ただ、物部氏(うじ)や蘇我氏(うじ)が滅んでも、その領地が諸国にあり、その地名が「物部」や「蘇我」とつけられていた場合、その土地に住んでいる人が地名を苗字にして、「物部さん」や「蘇我さん」になるということがある。
 これらの人の中には地名とともに血を受け継いでいる人もいると思われる。
 しかし、単にその土地の居住者であったに過ぎない人の方が多いようである。

 「豊臣氏」は近世なので、もう少しはっきりしている。
 秀吉の妻・北政所の兄に木下家定という人物がいるが「豊臣氏」の氏と「朝臣」(あそん)の姓(かばね)を賜った。
 この三子に延俊という者がおり、その系は江戸時代に豊後日出(ひじ)二万五千石を受け、現在も続いている。
 「豊臣」の氏を受けているので、血のつながりはなくとも、「豊臣氏流」ということはできる。
 祖法を守っているなら、立派な豊臣氏ということができる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック