「乱」「役」「変」等の区別

 歴史本を読んでいると、「乱・役・変」等良く目にする。
 何となく分っているつもりであるが、詳細については理解できていないのが実情ではないだろうか。
 今回は学習院大学安田元久名誉教授の書から学んでみよう。

 古来、「乱」「役」「変」等の用語はそれぞれの時代の思想傾向や歴史を記述する人の歴史観によって「言い慣わし」に変化があるので、一応の統制が生まれたのは、明治以後の教科書においてである。

 まず、「乱」と「変」であるが、一つの歴史事象として、政治的・社会的に、平和な安定した状態に対して、「変革」「反逆」「反乱」あるいは「権力争奪行為」など、「世の乱れ」の状態が生起したとき、その歴史事象全体をさす場合にこれらの呼称を用いるのが一般的である。

 特に「乱」は、「世の乱れ」「戦乱」「内乱」あるいは「政治権力に対する武力的反抗」などを意味する。
 この場合には戦闘すなわち、武力行使を含むことは勿論である。
 壬申の乱、承久の乱、応仁の乱などがその主要な例である。

 次に「変」と表現するのは一般に「凶変」「変事」などを意味する場合が多く、特に一定の倫理的・政治的立場からの批判として、「不当な事件」と見る場合などに用いられる傾向にある。
 またときには政治的反抗や陰謀で大規模な戦乱とならずに権力者側から収拾された事件などにも、「変」を用いることが多くある。
 安和の変、正中の変などである。

 次に、武力・軍事力を行使しての闘争、すなわち武力集団の衝突を意味する呼称として、古くは「戦い」「役」「合戦」を用い、近代になると一般に「○○戦争」というのである。
 特に一つの戦争が継続している中で行われた個別の戦闘については「戦い」が用いられる。
 例えば戊辰戦争の中に「鳥羽伏見の戦い」や「上野の戦い」があったり、治承・寿永の内乱すなわち源平合戦の間に「一の谷の戦い」「屋嶋の戦い」「壇ノ浦の戦い」が行われたといった具合である。
 そして戦国時代における武力衝突についても、「長篠の戦」「川中島の戦い」などと、そのほとんどが、「戦い」と表現される。
 しかし、これらの「戦い」を「合戦」と呼ぶこともあり、「戦い」と「合戦」とは語源的にみても、まったくの同義語と考えて差し支えないのである。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック