「花押」はいつごろから使われたか

画像 この「花押」は伊達政宗のものであるが、「花押」は昔から使われ馴染みあるものである。
 しかし何時ごろから誰が使い始めたかとなると判然としない。
 日本の国で判子が使われだしたのは奈良時代と言われている。
 最初は官印だけで私印はなかった。
 身分の高い者は必要に応じて署名をしていたが、平安時代になってくると「草書体」の署名から「草名」(そうみょう)というものが発生した。
 これが花押の始まりといわれている。
 平安時代の後期には花押が普及して、判というと書判(かきはん)といわれ、これが花押のことを意味することになった。
 足利時代から戦国時代にかけて、印判といわれる判子が使われるようになっていった。 
 それでも花押の方が判子より格が上であるとされていた。

 元服前の者は花押を書く資格を認められていなかった。
 
 さらに、戦国部将の手紙の中には、病気で花押を書くことができないので印判ですませることを許してほしいとの「断り書き」があるものもある。
 ということは、花押が正式であって、判子は略式と考えられていたのである。

 これが江戸時代に入ると判子万能の社会になってきたため、武士階級でも花押を用いることは少なくなってきたのである。

 明治時代になると、実印のない証書は裁判上の証拠にならないという法律ができ、花押の効力は否定されてきた。
 ただし一部残っているものもあるが、それは閣議で決定を行う際に全閣僚が花押を書くという習慣である。

花押には法的拘束力がないといっても、日常生活で署名のかわりに花押を使うことは自由である。
 織田信長は一生のうちに14回も花押を変えたといわれているし、伊達政宗は自分の名前とは全然関係の無い、「セキレイ」の格好をした花押を用いている。  (参考~印章研究家新関欣哉氏書)
 これも伊達政宗の「伊達者」としての粋さが偲ばれるのである 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック