岡山県井原市の歴史散歩(那須与一菩提寺永祥寺)・3

所在地~岡山県井原市西江原町才児
 興譲館の北東に名刹曹洞宗永祥寺がある。
 源平屋島の合戦で、みごと船上の扇の的を射落とした那須与一宗隆は、その恩賞に備中国荏原荘ほか4庄を賜った。
 那須氏はその中心の西江原に本拠をおいたようである。
 備中那須氏の子孫は室町時代に没落したが、その菩提寺がこの永祥寺である。
 境内には遠州流庭園があることでも知られている。
 また那須一族の墓もある。
 永祥寺の南方にある小菅山城跡があり、かつて那須氏の城砦だと伝えられている。
 寺のそばを流れる雄神川を遡ると県名勝の道祖渓がある。
                  永祥寺山門
画像

画像

画像

                 袖神稲荷
 那須与一が屋島の合戦で扇の的を射る際、破り捨てた袖を祀ったといわれている。
画像

画像

画像

                  那須一族の墓
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック