伯耆町の史跡探訪(大山参詣道の道標等)・6

丸山の道標・常夜燈
所在地~伯耆町丸山(集落の東)
画像

  丸山の集落から約500m東へ行ったところに、三角形の大きな自然石に「左大山」の文字が彫られた道標がある。
  昔、この道は出雲方面からの大山参詣道であった。ここから現在の大山平原ゴルフ場を通り、上槇原を経て赤松からの参道と合する「分けの茶屋」跡に達し、そこから現在の大山道路を大山寺に向かった。
  道標の脇には、「大智明大権現・下山大明神」の文字が彫られた大きな石の常夜燈があり、そのころの大山信仰が盛んであったことを偲ばせる。
画像画像















 

 

       道標・高さ2.1m                  常夜燈・高さ2.7m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック