万屋満載

アクセスカウンタ

zoom RSS 信長の小姓「森蘭丸」の逸話

<<   作成日時 : 2016/04/09 11:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回に続き森蘭丸の逸話としたい。
 皆さんには申し訳ないないのだが、小生は、逸話というものは事実もあるのだろうが、後年の人々がこうではなかったのか?との願望と期待が入り混じった創作ものが多いと思っている。
 信じる人もいるだろうが信じない人もいるのでは・・・と思うのだ。
 だから、逸話というものは話として知っておく程度で良いと小生は考えている。
 それを前提に、以下読み進んでいただきたいと思います。

○ 鞘当て問答
  ある日あるとき、信長が小姓たちに「この刀に模様があるが、その数を当て
 た者に刀をやる。どうだ・・・」と尋ねた。
  周りの小姓たちは口々に数を言っていたのだが、蘭丸だけは黙っていた。
  そこで信長が「蘭、お前は一切答えないがどうした?」と尋ねた。
  蘭丸は「殿が用を足すとき刀を預かります。その時に数えていますので、数は
 知っています」と正直に答えた。
  信長はその正直さに感心し、蘭丸に刀を与えた。

○ 信長が見た夢の話 
  天正10年のある夜のことだ。
  信長が昨晩こんな夢を見た。それは「馬の腹をネズミが食い破る夢だ」
  蘭丸は「その夢は凶夢です!上様はウマ年、明智はネズミ年生まれですから
  その夢は上様が光秀のせいで切腹なさるという凶兆です。
  明智様の動向に気をつけられませ!!」
  信長は「ハッハッハッ、そんな夢占いを真に受けることができるか」と一蹴した
  のだという。

 信長は森乱丸の夢占いを一笑に付したというのだが、本能寺の変が起きる
10日前のことであったというが・・・・
 あまりにもできすぎた話しではないか・・・・これ間違いなく創作だと思うネェ。
 信じている人があれば「ゴメンナサイ」。

 そして話はこれだけでは終わらないのであしからず。

○ 欲しいものを言ってみろ
  ある日、信長が蘭丸に言った。
  「欲しいものを書いてみよ。儂がお前の欲しがっているものを当ててみよう」と
  言い、書いたものをお互い見せあったというのだ。
  それは見事に同じ内容だったという。
  信長と蘭丸はそれほど気心が通じあっていたというのだが・・・
  蘭丸が書いた欲しいものとは何だったのか・・・それは亡父の旧領であったという。
  信長が本当に当てたかとどうかは疑問なのだが、蘭丸の父の旧領・坂本城を
 蘭丸が所望したとしても不思議ではないのだ。
  この坂本城はその時、明智光秀の居城であったのだ。
  蘭丸と光秀は相当仲が悪かったといわれているから、この話、そういったところ
で生まれた逸話ではないだろうか?
  
 常時信長の身辺にいて奉公している蘭丸。
 信長の命令で各地で戦働きをしている光秀。
 ふたりの思惑はそれぞれあったと推測はできるのだ。
 小姓は、武将の命運を左右するほどの影響力があったことも容易に想像はつく。
  光秀は秀吉の備中高松城攻めの応援を命令されるのだが、そのとき現所領を召し上げられ、中国で攻め取った出雲と岩見を所領として与えると言われたときに、腹を括ったのではないだろうか?
 中国攻略がならなければ流浪の身に戻ってしまうのだから・・・・
 
 その召し上げられる所領というのは丹波一国と近江なのである。
 蘭丸が欲しがっている坂本城を取られたと・・・・も思ったことであろう。
 それが本能寺の変に至ったのではないのかと思うし、一番有力なのではないだろうか?・・・・
 マァ、この推測は専門家の方々も一番正しいと仰っているからほぼ間違いのないところだと思いますネェ。
 
 光秀謀反の話が長くなりましたが、本能寺の変の時蘭丸は17歳で信長に殉じた。
 そして、弟の力丸、坊丸もこの変で蘭丸と運命を共にしている。
                      森 蘭丸
 
画像


 

 

  
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信長の小姓「森蘭丸」の逸話 万屋満載/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる