アクセスカウンタ

<<  2016年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
織田信長の小姓「森蘭丸」のこと
織田信長の小姓「森蘭丸」のこと  前回少し述べたのだが、信長の小姓「森蘭丸」のことだ。    その前に小姓のことだが・・・  武家の社会では亭主(武将)の身の回り、つまり雑事のことなのだが、正室、側室等の女房達は一切しなかったといわれている。  それでは誰がやったのかというと小姓と呼ばれる少年たちだ。  亭主つまり武将の食事から身支度、掃除、外出する時の供までありとあらゆることをやっていたというから大変な仕事だ。  武将の夜の相手までさせられたのだから並みの神経ではもたなかっただろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 10:43
織田信長の初陣と側室の話
織田信長の初陣と側室の話  織田信長の初陣については前回もサラッと述べたのだが、詳細な記録はないというのが本当らしい。  前回もUPしたように初陣は天文16年(1547)吉良の大浜城攻めであるが、これは今川義元の勢力が伸びてきていたことで吉良大浜を攻めている。  一応初陣ということもあって信長主従は、今川方の軍事基地に次々と火を放って引き下がり、翌日には帰ったという。  この時のいでたちは、“紅筋が入った頭巾”をかぶっていたといい、馬乗り羽織を着て、馬鎧をつけた馬に乗っていたという。  見た目に初々しい若武者振り... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/03 14:40

<<  2016年3月のブログ記事  >> 

トップへ

万屋満載 2016年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる